Top >  ムダ毛処理の基礎知識 >  毛のサイクルについて

毛のサイクルについて

体毛は、成長期、退行期、休止期という周期を
繰り返しながら生え変わっています。


□ 成長期

 成長期は、毛が伸びている状態のことをいいます。 毛根部分で細胞分裂が盛んに起こり、毎日毛が伸びていきます。成長期が長ければ長いほど、毛が長く伸びます。毛の伸びる速度は、毛の生える場所によってことなります。期間は、数ヶ月から数年になります。


□ 退行期

 退行期は、成長を終了した毛が抜けるまでの期間のことを言います。細胞分裂は停止し、毛穴が収縮していきます。期間は、1ヶ月半から2ヶ月になります。


□ 休止期

 休止期間は、活動を停止している期間のことです。毛が抜けて次の成長期になるまでの休憩中になります。この期間になると毛が表面に現れなくなってきます。毛はやがて抜け落ちていき、毛穴の深さはおよそ3分の1になります。期間は、1ヶ月半から2ヶ月になります。


そして少し毛根がお休みした後、再び成長期に戻ってきます。毛の生える場所によって成長期の長さが違ってきます。


全身の毛は、常に上記のサイクルを繰り返しています。今見えている毛は、成長期のものもあれば退行期に入っているものもあります。また、休止期で抜けかかっているものもあります。

         

ムダ毛処理の基礎知識

ムダ毛処理の基本的な知識を紹介しています。基礎知識は、大切です。

関連エントリー

毛のサイクルについて 毛を抜く時の肌への負担 脱毛クリーム・ワックス 毛抜き方法は、危ない!? 赤ちゃんが毛深いのが心配