Top >  ムダ毛処理の基礎知識 >  毛を抜く時の肌への負担

毛を抜く時の肌への負担

肌への負担

「毛を抜く方法」は、皮膚に負担をかけてしまいます。毛を剃るよりもメリットはあります。毛抜きなどで抜くと、毛のない状態を長持ちさせることができます。


毛を抜いても同じ毛穴から毛が生えてきます。理由は、毛穴の奥に毛乳頭の組織が残っているからです。毛乳頭は、新しく毛を作る機能があります。毛乳頭の機能がなくなれば、毛が生えてこなくなります。


毛乳頭を壊すことにより、毛の生え代わりが終わります。レーザー脱毛は、この毛乳頭を壊し脱毛を行っています。


また、毛穴の数は増えるのか、毛穴の数は増えないです。人間の生まれた時に、毛穴の数は決まっています。毛穴は、成長と一緒に増加することはないです。


毛を抜いたりすると、毛穴が広がってしまい、太い毛が生えてくる可能性があります。

         

ムダ毛処理の基礎知識

ムダ毛処理の基本的な知識を紹介しています。基礎知識は、大切です。

関連エントリー

毛のサイクルについて 毛を抜く時の肌への負担 脱毛クリーム・ワックス 毛抜き方法は、危ない!? 赤ちゃんが毛深いのが心配