Top >  ムダ毛処理の基礎知識 >  赤ちゃんが毛深いのが心配

赤ちゃんが毛深いのが心配

赤ちゃん 毛深い

子供が毛深いのは遺伝によるものが多いです。しかし、赤ちゃんの時は身体を体毛で守るために、毛深く産まれてくることが多いです。そのため、赤ちゃんの毛深さは通常通りであるため、心配をする必要はないかと思います。


徐々に必要の無い体毛がなくなってきます。背中の毛が渦巻くほどの毛深さだった赤ちゃんも今では気になる程度じゃなくなった例もあります。「赤ちゃんを見て毛深いのは自分の責任」と思っている親の話を聞くこともあります。不要な毛は抜けてくるので必要以上に心配することは無いと思います。


赤ちゃんの毛深さについて詳しく調べてみました。体毛は妊娠約4ヶ月から生え始めてきて、赤ちゃんはお腹にいる頃、体を守るため全身に産毛があるそうです。


生まれる時期が近づくと産毛は少しずつ消えていくそうです。毛深い赤ちゃんが生まれてきた時は、お腹の中にいたうちに消える産毛が少なかったときのようです。生まれて時間が経つと、抜けていきます。

         

ムダ毛処理の基礎知識

ムダ毛処理の基本的な知識を紹介しています。基礎知識は、大切です。

関連エントリー

毛のサイクルについて 毛を抜く時の肌への負担 脱毛クリーム・ワックス 毛抜き方法は、危ない!? 赤ちゃんが毛深いのが心配